« バンパーレスなウチに・・・余りモノ再利用 | トップページ | やっとまとも(?)に装着TRDフォージド »

2012年8月29日 (水)

N-06D+ドライブネットクレイドルを実験♪

120829 本来ドライブネットクレイドルを取り付け予定のADエキスパートは納車されてませんので、我が家の稼ぎ頭、クルタ君にて試運転してきました。画像ではモニターが山盛り状態ですが、あくまでも試験的に装着しただけですので・・・また画像がショボいのはデジカメを忘れて携帯で撮りました・・・酷い画像ですがご了承ください^^; まず言えるのは普通にナビとして使用可能です。むしろ充分すぎると思います。安物のジャイロ無しのポータブルナビとは比較にならないほど正確です。10キロ程度しか走ってませんのでクレイドル付属のセンサーが学習したかどうかは不明ですが、クルタに装着しているカロッツェリアHDD楽ナビHRZ990とほぼ同じ動きをします。ほぼというのは曲がる際に若干カクカクした動きをする程度で、基本的に精度などまったく問題ありません。1つだけ気になったのは速度があがってくるとナビの画面が詳細ではなくなります。スケールが勝手に変わるとかではなく、スケールはそのままですが建物などの描画が消えるということです。速度が落ちてくると画像のように普通に建物まで描画されます。たぶんタブの描画をあえて抑えていると思われます。特に大きな問題にはならないと思います。GPSセンサー部にジャイロ的な仕組みが入っているようでGPSの受信できないトンネル内でも普通についてきます。月額350円でカロッツェリアお得意のスマートループにも対応してますのでVICS情報や渋滞情報もバッチリです。また近隣ガソリンスタンドの価格などの情報も表示できます。さすがにダッシュボードに固定したクレイドルに装着したままの状態ですと炎天下ではタブが壊れそうな予感はしますね^^; ただ、GPSセンサーユニットが完全に分離されていて電源のみをシガーから供給してますので(タブとの通信はbluetooth)設置の自由度はあると思います。インダッシュ系のナビのようにアンテナのみをダッシュボードに設置して配線を隠してっていうのも充分できます。直射日光などでタブが心配な場合はクレイドルをダッシュボードではなく別の場所にうまいこと設置すれば良いかもです。ちょっと走っただけですが、ドライブネットクレイドルとタブの組み合わせ、これはアリだと思います♪

|

« バンパーレスなウチに・・・余りモノ再利用 | トップページ | やっとまとも(?)に装着TRDフォージド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バンパーレスなウチに・・・余りモノ再利用 | トップページ | やっとまとも(?)に装着TRDフォージド »