« ノセルダブラック:プラド→クルタ難アリのため・・・ | トップページ | ブレーキ強化作戦♪ まさかのブレンボ*^^* »

2012年6月 4日 (月)

お洒落な商用車TACOMAとツーショット♪

P1000290 今日はお客さんでもあり先輩でもある方が打ち合わせで来てくれました♪コチラの先輩も車が大好きでプロボックス、ダットラ、タコマに超古いビートルなどなどいろいろ持っているんですが、今日はお仕事の途中で立ち寄ってくれたので塗装屋さん仕様のタコマで*^^* なかなかこの手のキャリアを積んでいるタコマは珍しいかと♪ こんな塗装屋さんが塗装をしている現場の建物は超お洒落な予感です。なにげに黒バンパー組合仕様だったりします・笑 さらに積んでいる脚立なんかもソレっぽい感じでかっちょいいです。というか、オーナーさん自体がやはりお洒落さんな方ですんで^^

P1000291 年中オーバーオールのボクとはワケが違いますね・爆 社名なんかもカッティングでガッツリ入ってます・・・なにげに社名って入れてあると宣伝になっていいんですが、看板を背負っているだけあってちょいちょい気を遣う場面もあったりで・・・例えばですが、パチンコ屋さんの駐車場とか(ボクはパチンコをやりませんが)、取引先が微妙に同業者とバッティングしてたりとか意外と社名が入っているのが微妙な場面もあったり^^; ウチのクルタのマグネットシート仕様とは気合が違います・爆笑 車体にダイレクトで社名を入れてないボクは先輩に「やることがしょっぱいね~♪」って言われてます^^; まだまだボクは気合が足りないようです・爆

|

« ノセルダブラック:プラド→クルタ難アリのため・・・ | トップページ | ブレーキ強化作戦♪ まさかのブレンボ*^^* »

コメント

2019年にはSINN社から独立しました WATCH COMPANYには、専属の新品仕上げ技術者が在籍しているため、オーバーホール作業と並行して傷取りを行うことができます。
ベル&ロスの修理専属スタッフが専門知識を持って修理に取り組ませて頂いております。
このような伝統と権威を持つベル&ロスの腕時計は、世界的にも多くのファンを魅了しており、その市場価値も下がることを知りません。
故に手を加えないポン載せなら、時計販売価格が50万だと、その価値を疑いたくなるということです。
ぜひ高価買取をねらいましょう。
今回はそんなベル&ロスの腕時計買取に迫ります。
ご希望のお客様には外装の傷取りをオプションにて承ります。
ベル&ロスの腕時計を売るときに一番気を付けるべきは、買取店選びです。
ベル&ロスの正規代理店でベルトを販売して頂けるお店がなかなか無いので、今回は助かりました。
当店ではベル&ロス(BELL & ROSS)の修理を多数行っております。
当店のベル&ロス専任技術者が豊富な経験でお時計に起こっているどんな小さな不具合も見落とさずに状態を診断いたします。
買取店を選ぶときは、ベル&ロスを強化買取しているようなところを積極的に選択しましょう。
また、傷取り(新品仕上げ)に関してもメーカー同様の機材を導入しているため、あらゆる修理に対応させていただくことができます。
摩耗や劣化が激しい部品に関しては、新しい部品へ交換いたします。
摩耗や劣化で交換が必要になった部品は、ベル&ロス純正品で対応することが可能です。
洗浄が完了した部品を、元通りに組み上げます。
お時計の診断が完了次第、改善策や交換部品の詳細を見積書にてご連絡いたします。
オーバーホールとは、時計を部品単位まで全て分解した後、汚れやごみを全て除去した後に、必要な箇所に注油をして元通りに組み立てる作業を指します。
組み上げと同時に必要箇所の注油を行います。
ムーブメントが組み上がった状態で、精度の調整を行います。
一切の妥協をしないため、既定の精度が出ない場合はもう一度オーバーホール作業を行うこともあります。

ブランドコピー https://www.cocoejp1.com/ProductList1.aspx?TypeId=295271136690468

投稿: ブランドコピー | 2020年6月 2日 (火) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノセルダブラック:プラド→クルタ難アリのため・・・ | トップページ | ブレーキ強化作戦♪ まさかのブレンボ*^^* »