« DA64V ハイルーフ 室内ルーフバー装着 その2 | トップページ | W211 W202とお揃い♪ ついに・・・ »

2009年6月11日 (木)

DA64V 室内ルーフラックに3×6コンパネベース

ダラダラやっている仕事仕様カスタムですが、ようやくコンパネを搭載しました。平べったい機材というか素材というか・・・デコラや養生用パネルを積むのに効率が良くなること間違いなしのアイテムです♪ 作り方はクソ簡単ですが自分なりに工夫したつもりです(^^;)

P1060063 前後に取り付けたバーの真上に来るあたりに長穴2個をあけ、ワンタッチで固定可能なナイロンバンドを下面からコンパネ上面に貫通させてスタッカーで固定、さらにコンパネ下側にナイロンバンドを戻してパイプに固定するという感じです。こんな感じをリア2箇所、フロント側1箇所加工しました。これならば料理撮影や工場などでやる機械撮影などの重装備の場合、コンパネを室内バーに乗せて出撃♪ 軽装備の場合はナイロンバンドのついたコンパネごと降ろしていけばルーフ広々という感じです。たいしたネタではありませんが、軽自動車にコンパネを積む場合は左右どちらかの壁に立てかけて運ぶか、床面をすべて使ってベタ置きするしかありませんので不安定だったり、コンパネの上に機材を載せなくてはならない状況になるわけでして(^^;) 撮影の内容によってはコンパネなどの大物を天井に逃がすことによって機材の出し入れが楽だったりするんですよ(^^) 仕事仕様エブリィ君はかなり快適仕事仕様になってきました♪

クレトム KA-30 インテリアバー

|

« DA64V ハイルーフ 室内ルーフバー装着 その2 | トップページ | W211 W202とお揃い♪ ついに・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DA64V ハイルーフ 室内ルーフバー装着 その2 | トップページ | W211 W202とお揃い♪ ついに・・・ »