« DA64V ハイルーフ 室内ルーフバー装着 | トップページ | DA64V 室内ルーフラックに3×6コンパネベース »

2009年6月10日 (水)

DA64V ハイルーフ 室内ルーフバー装着 その2

P1000999 前後方向に通したステンレスバーに、今度は橋渡し的な役目をする横方向のバーを装着しました。これがまた安い・・・1本980円・爆 予備の大好きな私は4本購入♪ しかし使ったのは2本のみ・・・つまり4本購入の意味がまったくありません・爆 このバーですが、名前は「インテリアバー」とかいう名前です。ひねりもなにもないですが、結構しっかりしてるんですね、造りが。必要な長さに伸ばしてひねると長さが固定できます。本来はアシストグリップに橋渡しをするように作られているので25mmのパイプに固定するのは不安定ですので、グリップにかかる爪のような部分をベルトサンダーで25mmのパイプにかかるようにならしてカッツリはまるようにしました。さらにステンレスパイプには1mm厚のゴムシートを貼り付けてジョイント部分が前後にすべらないようにしました。さらにタイラップで固定をして加重がかかっても前後にスライドしないレベルまで締め付けてあります。

あとは3×6のコンパネを固定する方法を考えれば、デコラ&養生用パネルを妙なスペースを食わずに天井スペースに積載可能になります(*^^*) 見た目カスタムも大事ですが、なんつったって仕事車エブリィバンですので・・・(^^;) カッコよりも実用重視で♪ どのみち私一人、もしくは助手席に人がのることがあるかないかのレベルですんで(^^)相変わらずスライドドアのフィルムが届かず内張り無しの放置プレイ・・・

クレトム KA-30 インテリアバー 2本セット

|

« DA64V ハイルーフ 室内ルーフバー装着 | トップページ | DA64V 室内ルーフラックに3×6コンパネベース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DA64V ハイルーフ 室内ルーフバー装着 | トップページ | DA64V 室内ルーフラックに3×6コンパネベース »