« W211 CANバスアダプターBIF-MB19 | トップページ | W211 センターコンソール側 分解 »

2009年4月 1日 (水)

W211 トランク内バラシ(オーディオハーネス取り回し)

AVインストールキット MB211A2D05A(ロングハーネスタイプ)、ロングタイプというのはディーラー車向け(正規輸入車)の配線キットなわけでして、何がロングハーネスなのかな?なんて思っていたらこのハーネスが5m&アンテナ変換ケーブルも5m近くあるわけです。そーなんです、W211ヘッドユニットは当然センターコンソールにあるわけですが、このハーネスをトランクにあるユニットからフロントまで持って来いってことです(>_<) せっかくハイダウェイユニットなしの楽ナビを選んだのに・・・(>_<) この付属品を見た時点で「こりゃヤバいかも」なんて思って3回ほど気を失ったんですがやるしかないので・・・(^^;)

P1000769んで、早速トランク内の内張りを剥がします。これがまた硬いのなんのって(^^;) とにかく板金部分なんて一切見えないように養生してあるわけですからカツカツになってました。以前にLEDテールに交換していたので撤去方法はわかってますし、少しは外しやすくなっていたりしますが結構面倒です。画像ではいろんなアイテムが見えてますが、内張りを剥がした時点ではこんなにアイテム(?)はありません。ボディ内側と、内側に仕切りのようにある板金の間に隠れてます。そこにあったオーディオ用のユニット(アンプ?チューナー?)を引き抜いた状態です。この転がっているユニットにキット付属のハーネスのコネクターを刺して前まで持っていくわけです。今回取り付けるのはパナソニックのバックカメラもありますので、付属ハーネスとRCA1本、それからチューナー用のアンテナ線の3つを室内に引き込みセンターコンソールまでもっていきます。今後のなにかあるかもしれないので配線を1本だけ余分にひいておきました。センターコンソール側に設置する、CANバスアダプターを使用することによって車速パルス・バック信号・パーキングなどのラインは前で確保できますが、万一のバックカメラの破損などに備え、カメラの電源などの配線はトランク内で済ませられるようにRCAケーブルのみをセンターコンソールに持って行き、バック信号はテールからダイレクトで取りました。電源などのハーネスまで引き込むとバックカメラが故障したときにトランク~センターコンソールまでバラさなくてはならなくなるので(^^;)

配線キット&取り付ける機器の配線などを見ながら、何度もイメージトレーニングをして作業に入らないと、メンテナンス性の悪い配線になってしまいます。ただでさえベンツの内張りは泣けるほどに複雑にかみ合っていて出来ることなら1度で済ませたい感じです(>_<)

pb メルセデスベンツ Eクラス(W211)インストールキット

|

« W211 CANバスアダプターBIF-MB19 | トップページ | W211 センターコンソール側 分解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« W211 CANバスアダプターBIF-MB19 | トップページ | W211 センターコンソール側 分解 »