« ご無沙汰・ハイエースワイドワゴン | トップページ | 2009台湾シグナスX FI ロングホイール化① »

2008年8月17日 (日)

2009台湾シグナスX FI カーボンリアフェンダー

P1000186 定番ではありますが、リアフェンダーをカットしたのでリアフェンダー(正確にはインナーフェンダーとでもいいましょうか?)がよく見えるようになりました。なのでカーボン柄、イージーグラフィック加工されたフェンダーを装着しました。なんとなくやりそうな雰囲気になりましたよ♪純正とは形状が異なっており、先端が↑みたいな形をしてないのですっきりした感じになります。よくあるボルトオン、まさにそのままで装着はたったの10分といったところでしょうか(^^)

んで、マフラーの話です。先日O2センサーのことでいろいろ書きましたが、結局マフラーが原因だったようで、ノーマルマフラーに戻すことで、例の警告灯はなにごともなかったかのように消えました。このマフラーはシグナスX FI07モデル~ となっていたものですが、某オークションや楽天、バイクパーツショップなどでも同じようなタイトルの記載方法になっているようですが、実際には新型のFIモデルには装着できません。いや、装着は出来ますが、センサーが働かないためコンピューターが正常に働かず、空気の量やガスの濃度を監視できなかったりという状態になり、燃費が悪くなったり調子が悪くなったりするそうです。たとえばエンストとか燃料ポンプ異常などなど・・・んで、それじゃせっかく購入したマフラーが使い物にならなくなってしまうため、購入したメーカーに相談したところ「現状のマフラーにO2センサー(正確にはA/Fセンサーって言ってました)を差込み固定できるように加工します」とのこと。ただ、現状の製品に試験的にセンサーを取り付けられるようにするので本来の性能が発揮できるかわからないそうです。ですのであくまでも試作品ということですが、オリジナルで作ってもらえることになりました♪ 現在はノーマルマフラーに戻してあります。これで問題解決となればいいのですが・・・(^^;)

WirusWin ウイルズウィン カーボンリアフェンダー

|

« ご無沙汰・ハイエースワイドワゴン | トップページ | 2009台湾シグナスX FI ロングホイール化① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご無沙汰・ハイエースワイドワゴン | トップページ | 2009台湾シグナスX FI ロングホイール化① »