« ひさしぶりのポメ3兄弟(親子) | トップページ | 平和に過ごしてます♪ »

2008年5月12日 (月)

AVIC-VH9000 AVIC-ZH9000 AVIC-H9000

Pioneer

ついにカーナビゲーションもミュージックサーバーのみならず、ビデオサーバー機能も搭載です。今までなんでなかったの?って思ったりする内容ではありますが、これはまたすばらしいですね。あればかなり便利かと思います。さすがにDVDから直接リッピングできるわけではないですが、サーバー自体にビデオを取り込み再生ができるだけですばらしい進化ですね♪ステアリングリモコンも想像通り現行楽ナビのものよりもさらにクールなデザインです(*^^*)

プレリリース:パイオニア

パイオニアは、2006年より「スマートループ構想」を提唱し、家庭のネットワークを利用した「蓄積型プローブ」、無料ブログサービスの「スマートループ ドットログ」、携帯電話を利用した「リアルタイムプローブ」による「スマートループ渋滞情報」などを順次実現し、ユーザー一人一人の情報と、パイオニアやその他の情報を共有することで、より質の高いルート誘導を可能にしてまいりました。

この度当社が発売するサイバーナビでは、スマートループをご利用のお客様に3年分の無料バージョンアップサービスを導入します。インターネットに接続したパソコン上で、2011年春まで、新規スポットなどの「地点情報」や、「蓄積型プローブ」で収集した「オートパーキングメモリー」に基づく、ドアtoドアのルート探索が可能な「駐車場の入口情報」と「駐車場混雑予測情報」、更新タイミングから向こう半年間に開通予定の道路情報など各種データをダウンロードすることができます。

さらに、スマートループの「蓄積型プローブ」の情報を基に、ユーザー各々が安全運転やエコドライブについてレビュー可能な「スマートループ ドライブレポート」(Webサービス)を提供いたします。またそれらの情報をポイント換算し、後に活用可能な「スマートループ ドライブマイレージ」サービスの導入も検討してまいります。

また、株式会社ウィルコムから定額でスマートループがご利用いただける専用通信モジュールを今夏より発売いたします。これにより通信料金を気にすることなく「スマートループ渋滞情報」の取得が可能になります。

パイオニアは今後とも、スマートループが実現する知の共有を推進し、先進のカーライフを提案してまいります。

主な特長

最新データのダウンロードバージョンアップサービスを3年分無料で提供*1

発売(2008年5月)から3年分の各種データのダウンロードバージョンアップサービスを無料にて提供いたします。2008年度は地点情報データを提供、2009年度からは地点情報データに加え、道路データ、全データの3種類を提供いたします。専用のパソコンリンクソフト(「ナビスタジオ(サイバーナビ用)」*2以下、ナビスタジオと表記します。)を利用してダウンロードし、本機に転送できます。

提供する地点情報データは、新規スポットなどの「地点情報」をはじめ、「蓄積型プローブ」で収集したオートパーキングメモリーに基づく、ドアtoドアのルート探索が可能な「駐車場の入口情報」と「駐車場混雑予測情報」の3種類で、これにより製品購入後も、オープンしたばかりの人気スポットや、駐車場情報の追加が可能となります。道路データには、向こう半年間の開通予定路線(高速道路、国道などの主要な道路が対象)の情報が収録されており、開通日以降、地図表示やルート探索で利用できるようになります。全データは、地点情報データ、道路データとアプリケーションを含むデータとなります。

「スマートループ構想」の大幅な強化

1. 駐車場混雑予測情報。目的地の駐車場の時間帯による渋滞情報まで提供

「蓄積型プローブ」で収集した駐車場内外の走行履歴データを分析し、統計処理することで、駐車場の時間帯別の混雑予測情報を生成し、5040箇所の「駐車場混雑予測情報」を収録しました。対象施設を検索すると、駐車場の手前約500mから駐車スペースに駐車するまでの平均所要時間とピーク時の最大所要時間が時間帯別に確認できます。あらかじめおおよその混雑状況を把握することができるので、出発時間のプランを立てる際に役立ちます。

2. 「スマートループ ドライブレポート」をユーザーに提供

スマートループの「蓄積型プローブ」の情報を基に、ユーザー各々が自らの運転についてレビュー可能な「スマートループ ドライブレポート」(Webサービス)を提供いたします。走行時間、走行距離などの基本情報に加え、安全運転や、環境に配慮した運転の参考になる情報を提供いたしますので、ユーザーが自らの運転について振り返ることが可能になります。

3. 定額データ通信サービス(ウィルコム製通信モジュール)に対応

株式会社ウィルコムが開発した専用通信モジュールを使用し、スマートループのサービスを利用する際の通信料金を定額<月額1,050円(税込)>で利用できるサービスに対応いたします。これにより、データ通信料金を気にせずに、スマートループ情報を活用したいというお客様のニーズに応えます。定額データ通信サービスの導入により、「リアルタイムプローブ」への参加がしやすくなることで、より多くのデータがアップロードされ、さらに精度の高い情報提供が期待できるとともに、お客様の利便性も向上いたします。

詳細は、 http://pioneer.jp/press/2008/0509-6.html をご覧下さい。

|

« ひさしぶりのポメ3兄弟(親子) | トップページ | 平和に過ごしてます♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひさしぶりのポメ3兄弟(親子) | トップページ | 平和に過ごしてます♪ »