« 新型 楽ナビ ステアリングリモコン | トップページ | 改装工事進捗状況③ »

2007年11月 7日 (水)

リバウンドストップのカット

KBEEのコイルオーバーのセッティングが相変わらず続いている7013ENGINEERINGです。爆 最初は社外品を使っていたのですが、コイルオーバーに変更するにあたりバンプストップを撤去し、リバウンドストップは純正を使用してました。しかしながら沈み込みのあとに来る伸び側の反動が凄く不快に思ったので今回はリバウンドストップをカットしてみることにしました。

Dsc02410 左側が一番先端を1段カットしたもので以前にデイトナのシグマダンパーのときのものです。ぶっちゃけこの状態は車高を下げた車体では長い(高い)と思います。んで、今回装着するのは右の段部分をすべてカットしたものとなります。この状態で純正のリバウンドと同等の高さです。純正のリバウンドはゴムがすごく柔らかく先端に当たってから潰れるため、さらに伸び側にストロークしてしまうわけです。ですので純正より長くして伸び側を今より抑えようということです。私はあまり車高を落とさない方向で進めているのでコイルオーバーの全長が短いとも思っているわけですが、それを短くする前にリバウンドにてストローク量を減らしてみようと思ってます。

足回り系の話は個人的な感じ方もあるのでなんともですが、とりあえず私なりに調整してみようと思います♪

リムコーポレーション 200系ハイエース リバウンドストップ

ハイエースプラス 7013ENGINEERING ラジコンファンサイト ぽめきちどっとこむ

|

« 新型 楽ナビ ステアリングリモコン | トップページ | 改装工事進捗状況③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型 楽ナビ ステアリングリモコン | トップページ | 改装工事進捗状況③ »